医療法人社団 康仁会 協立歯科  
クリニック概要 インプラント ホワイトニング レーザー治療
歯周再生治療 エムドゲイン 新しい入れ歯 グラディア -超硬質レジン-
トップ サイトマップ
ホワイトニング
オールセラミック・クラウンラミネートベニアホワイトニング
ホワイトニング
ホームホワイトニング

 濃度の薄いジェル(ホワイトニング剤)を長時間歯面にあててゆっくりやさしく、持続的に脱色します。
ジェルの成分(過酸化尿素)はもともと口腔内の消毒に使われていたものですから、安全で歯の構造を変えずに、歯が白くなります。
その安全性については、FDA(アメリカ食品医療薬品局)、ADA(アメリカ歯科医師会)でも認められております。歯科医師の指導を受け、ご自分で自宅で行っていただきながら白い歯を取り戻していただく方法です。

 

ホワイトニングの仕方
1. まず歯科医が歯と歯肉が健康な状態であるか診察します。過去に入れたつめものを取り換えたり、虫歯の治療が必要な場合もあります。そして型をとります。
2. 歯科医が作製した患者用トレーにジェル材を流し込みます。
3. 歯を磨き、トレーを口に入れます。トレーの端を歯に合わせます。
4. 清潔な指か、柔らかい歯ブラシで余分なジェル材を取り除きます。
口を2回すすぎます。
※すすいだ水は飲み込まないでください。

 

 現在ホワイトニング剤の種類は、何十種類もあり、毎年新しい方法が世界中で開発され、その用法・効果もまちまちです。当医院では各国の審美歯科学会との幅広い交流により、常に漂白に関する最新の情報を収集し、最高の技術をみなさまに提供しています。

 

 アメリカの大学の臨床データによりますと、ホワイトニングの効果は約5年経過した後でも極端なあともどりはなかったとされています。飲食物により歯の白さが若干低下することもありますが、その場合はメインテナンスとして1〜2日ホワイトニングをすることもあります。

 

クイックホワイトニング

 最先端のクイックホワイトニングは短時間で痛みが少なく、しかも安全なので、急いで歯を白くしたい方には最適です。

 高濃度の過酸化尿素を使用しますが、中性(PH7)のためエナメル質を溶解することはありません。

 歯に優しく歯質を傷めない方法です。

 即効性でその場で確認できる白さになります。

 

治療ステップ
  1. まず、歯のクリーニングを行い、歯石等をきれいに取り除きます。
  2. 歯肉を保護して歯面にジェルを塗り15分間待ちます。
    機械や光は使用しません。
  3. 一度塗ったジェルを取り除き、もう一度新しいジェルを塗り、15分間待ちます。
  4. 白くなるのに個人差がありますので、これを2〜4回繰り返します。
  5. 歯肉を保護しているものとジェルとを取り除き、水できれいに洗い流します。

 

Q&A
Q1.

誰にでもできるのですか?

A1.

妊娠中、または授乳中の女性には行えませんが、男女年齢を問わずどなたでも行えます。
強度の変色歯には向きません。

Q2.

時間はどの位かかりますか?

A2.

約1時間です。

Q3.

どの歯でもできるのですか?

A3.

歯の充填物や金属のつめ物は漂白しません。又、奥歯はおすすめしません。

Q4.

どの位白さが保たれますか?

A4.

個人差があり、喫煙やコーヒー等の嗜好のある方とない方ではずいぶん違いますが、普通1〜2年です。

Q5.

ホームホワイトニングをしているのですが・・・。

A5.

クイックホワイトニングを併用することにより、より大きな効果があり期間も短縮できます。

 

レーザーによるホワイトニング

 神経のなくなった歯は変色していき、他の健康な歯に比べて黒ずんで見え、目だってしまいます。
 レーザーと薬剤を使用しホワイトニングすることにより、健康な歯の色を取り戻し、自然な白さに回復し違和感がなくなります。

まずはカウンセリングを

 ご自分の歯がすべて天然歯で歯も歯茎も健康な状態であれば、ホワイトニングはいつでも始められます。
虫歯や歯周病、詰め物がある場合は、専門医がホワイトニングの方法や薬剤を選択し、治療計画に合わせてその効果や、安全性、禁忌などをわかりやすくご説明いたします。


ホワイトニングのトップへ このページのトップへ
Copyright © KYORITSU DENTAL ASSOCIATES. All Rights Reserved.
医療法人社団 康仁会 協立歯科